スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.18 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

茨島キッズサッカー楽校(がっこう)

昨日は、キッズ~3年生を対象にした「茨島キッズサッカー楽校」に少しの時間参加して、子供たちと交流を深めました。

とにもかくにも元気で、何でも吸収しようという気持ちが伝わってきます。ちょっとコツを教えると、「できたよ」と何回も挑戦してくれます。こうした積み重ねが子供たちの心も育てくれます。

次回からは、指導者を増やして「個」を育成していきます。


春なのに、かき氷や冷やし中華が食べたい!

春なのに、かき氷や冷やし中華を食べたい気温の日が続いています。新聞に、クラブワールドカップのスポンサーからトヨタが撤退するという報道がありました。現在は、各大陸の代表がトーナメント方式で戦う方式となっていますが。当時はヨーロッパと南米チャンピオンチームが中立国開催として、日本の冬に一試合方式で行っておりました。私も何度か、世界の超一流選手の真剣勝負を確かめたくて観戦に行ったものです。記憶にあるのは、プラティニの美しく華麗なシュート、雪のグランドで戦う一流プロ選手の凄まじさです。世界の生のサッカーを日本に提供してくれたトヨタに感謝をしたいと思います。

さて、先日の大会やテストマッチで、暑さのため頭が痛い、と熱中症の症状を何人かの選手訴えてきました。熱中症は、油断している死にいたることもある怖いものです。私は、今の高校1年生を5月のちょうど今頃、花巻フェスティバルに二年連続で熱中症の選手を出してしまい、救急車で運ばれるということも経験しました。頭が痛い、胸が苦しい・・最初は軽いように見えても、急に症状が悪化し、全身が熱を帯びて来ます。唇も紫色になってくると危険です。そのあとに痙攣(けいれん)が発症します。熱中症は怖いものです。子供たちのためにも、指導者は救急車を呼ぶ判断を早くしてほしいと思います。

ゴールデンウィーク中各年代は、大会やテストマッチがめじろ押しとなっています。果たして、連休明けに、子供たちからどんな感想を聞けるのか・・。私も考えて頑張ります。 



 

暑い日が続く中で、成長する子供たち・・製氷機もフル稼働

ゴールデンウィーク初日となった、29日暑い日となりました。
スポルティフタウンでは、キッズ~2年生が午前中のトレーニング、4・5年生が土崎FCさんと終日トレーニングマッチをおこないました。6年生主体の春季秋田市大会は、スポルティフダービーは残念ながら実現しませんでしたが、楽しみにとっておきます。また、中学年は、スギッチリーグと午後からのトレーニングでした。それぞれのカテゴリーで成長できた貴重な一日であったと思います。

さて、午後からの上の学年に挑戦するチャレンジマッチでは、日頃の練習とは違った顔、プレーを見せてくれる選手も多く、原石が輝いていました。輝く原石たちのため、このゴールデンウィークにたくさんの経験を積む機会をつくります。

5月2・3日は多賀城FC4年生とコバルトーレ女川の4・5年生がスポルティフタウンに来てくれて終日テストマッチを行います。5月3・4・5日は、U-12が「べにばな杯」に参加します。べにばな杯の交流試合ピッチでは、3・4・5年生セレクトチームがどんな試合を見せてくれるか楽しみにしてます。5月6日は4・5・6年生が安比で塩竃FCとのテストマッチが予定されています。また、中学年は、5月4・5・6日にスポルティフタウンで仙台スポーツシューレと終日トレーニングマッチとなります。

ともあれ、ゴールデンウィークのために、クラブの製氷機をフル稼働させます。

スポルティフダービーは、実現するか!

春季秋田市少年 サッカー大会は、明日(29日)が最終日となりました。
スポルティフ秋田からは、ニチーム出場していますが、準決勝に両チームが勝ち進み、お互いに決勝戦に勝ち進もうと切磋琢磨しています。できれば、決勝戦でスポルティフダービーが実現すれば、最高なんですが・・。ともあれ、それぞれの「個人」にはまだまだ課題があります。それぞれ良い面もたくさんあります。それが延びしろと楽しみに練習内容を考えています。
冬期間の練習で、みんな頑張った成果を明日の大会で発表してもらいたいと思います。

明日は、午前中で大会が終わるので、午後からは新しく考えたプログラムで、のんびり練習をしてからスポルティフ秋田中学年(U-13)とテストマッチで確認することになります。また、4 年生が5年生に、5年生が6年生にチャレンジするゲームを行い、大きな目をさらに大きく開いて、子供たちの成長を確認して、それぞれのカルテと処方箋をつくります。

また明日も忙しいですね。楽しんで前向きに時間を大切にしたいと思います。

もっともっと先のために・・

いよいよゴールデンウィークに突入となります。
子供たちにとっては、成長のために、大切な時間となります。

アイデアとしっかりとした考え方を持って、テストマッチや大会に全カテゴリーがチャレンジしてもらいたいと思っています。課題はたくさんありますが、それを前向きに指導者も選手もコツコツと積み重ねていかなければなりません。練習のプログラムももっと進化させて、充実したものにしていきます。

今日は、春季秋田市少年サッカー大会決勝トーナメントがありました。スポルティフ秋田からはニチーム出場させてもらっていますが、ニチームとも29日の準決勝を戦うことになりました。できれば、決勝でスポルティフ秋田ダービーが実現することを期待しています。Bチームから学ぶことがたくさんありました。いつも一緒に練習している両チーム、全カテゴリーの成長のために、全力を注ぎます。

新緑のスポルティフタウンでは、今日一日3・4・5年生がテストマッチをおこないました。
もっともっと先のために、また明日から子供たちと頑張ります。
 

じゃがいも食育プロジェクト①・・スポルティフ秋田の畑で耕起作業

スポルティフ秋田・体験教室の一つである「じゃがいも食育プロジェクト」が始まります。

 じゃがいもの植え付けから管理、収穫、食べるまでを体験します。その下準備であるスポルティフ秋田の畑をトラクターで荒起こしをしました。トラクターの回りには、カラスが3羽、カモメが5羽がエサを夢中で食べています。鳥たちの食育にも貢献しています。

子供たちがじゃがいもから何を学んで、成長してくれるのかを楽しみにしてます。


地域出前スクール・・キッズサッカー楽校スタート



月曜日は、茨島キッズサッカー楽校を開催しました。元気いっぱい、ちびっこたち歓声がグランドに響きわたっています。
参加者は、幼稚園児から小学3年生、この年代からスポルティフ秋田の育成プラグラムにより、しっかりと育てて行きたい。
さらなるレベルには、スポルティフタウンでのサッカースクールやクラブへの道が開かれています。

ともあれ、楽しくが一番です。みんなコツコツと積み重ねていきましょう。 

快晴の女川町

昨日から宮城県女川町にお邪魔して、たくさんのチームが参加して、交流大会に参加しています。
秋田に電話をすると吹雪とのこと。今日も快晴の女川町で、子供たちの成長を楽しみたい。

好天に恵まれ、親子レクリエーション交流大会

秋の好天に恵まれ、第二回親子レクリエーション交流大会を10月26日(日曜日)に開催しました。
人工芝グランドの竣工を記念して昨年から実施しているもので、今回が二回目。

グランドゴルフ、キックベースボール、親子サッカー大会、中学生とOBの交流試合などたくさんの内容のほか、綿あめコーナー、こんにゃくコーナー、焼肉コーナー、バザーなど盛りだくさんの一日でした。


11人制サッカーも面白い



昨夜の練習は、6年生を担当して、11人制サッカーの紅白戦で汗を流しました。
11月上旬には、秋田市の春・秋大会の勝者が11人制サッカーでチャンピオン大会を戦います。

スポルティフタウンの照明に浮き上がった彼らは、さらなるレベルアップをめざして頑張っています。
温かく見守っていきます。   


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

archives

links

profile

書いた記事数:272 最後に更新した日:2016/01/18

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM